ロペシアの副作用で危険度が高い肝機能障害は、自覚症状がないため相応のリスクがあります。

育毛治療薬が引き起こす副作用とは

MENU

育毛治療薬の副作用

育毛治療薬は発毛に対して一定の効果が期待出来ます。
しかし、強く薬には必ず副作用が隠れているものです。

 

ここでは育毛治療薬の副作用の概要をまとめて行きます。

 

まず、育毛治療薬に使われることが多いのはミノキシジルプロペシアです。
この2つの副作用を中心に解説をしたいと思います。

 

まずミノキシジルの副作用を紹介しようと思います。

ミノキシジルの副作用で代表的なのは低血圧です。
そもそもミノキシジルは高血圧の人が服用する薬として開発されています。
血管を拡張させ血圧を下げるのですが、これを健康な常人が服用すると低血圧を招いてしまうのです。
頭痛やめまい、偏頭痛に悩まされる恐れがありますし、冷え性や不眠に繋がることも予想されます。
ひどいと吐き気や下痢、不整脈を呼び起こすこともあるので、使用には慎重になるのが賢明でしょう。

 

他にも多毛症になる危険性があります。
ヒゲなどが異様に濃くなったり、背中や首回りに毛が生えて来るかもしれません。
頭皮のみに影響を与えてくれるなら良いのですが、予想外の場所に増毛の効果が反映される場合があるのです。
さらに肌荒れや精力の減退、発熱することもあるので副作用を感じたら医師の診断を受けてください。
無理に使用し続けると体調を壊してしまいかねません。
髪の毛のために命を危険さらす行為は止める方が良いでしょう。

 

次にプロペシアの副作用を紹介しようと思います。

危険度が高いのは肝機能障害です。
原因ははっきりと解明していませんが、服用している人に多く発症することから関連性が疑われています。
重篤な障害が出るケースもあるので警戒しなければいけません。
肝機能障害は自覚症状が無いため、相応のリスクがあると考えておきましょう。

 

プロペシアには不妊になる効果も含まれています。
そのため、女性がプロペシアを服用しないように注意喚起されているのです。
また、男性の身体が女性化する現象も起きています。
胸が膨らんで来たり、脂肪が付きやすくなったりするのです。
結果、肥満体型になりやすいのも副作用と言えるでしょう。
育毛治療薬にはこうした副作用があるため、十分に理解をした上で使用を検討してください。