効果がありそうだと使用すると育毛剤は逆効果

髪に良いと思っていた育毛剤は逆効果の恐れもあります

MENU

一番シンプルな包装の石けん

育毛剤を自分で購入する人というは少なく、 奥さんに買いにいってもらう人が多いようです。
薄くなった頭で買いにいくのが恥ずかしいのでしょうか。
頼まれた妻のほうは、自身が深刻な悩みをもっているわけではないので、商品に対する知識も乏しく、
テレビCMか雑誌を見て選ぶか、直接薬局に行って聞くしかありません。
ところが、雑誌の店員も効能ばかり宣伝するため、内実がどうかというものか さっぱりわかりません。

 

そして使う側が疑心暗鬼では、効果のない育毛剤がもっと効かなくなります。
アルコールの水溶液みたいな育毛剤でかえって髪と頭皮を傷めてしまいます。
ハゲがますます加速します。育毛剤にかぎらず、ヘアケア商品を買うときは誰もが悩むものです。
また、悩むようにいいことばかり書いてあるのです。
なので「ゴチャゴチャ書いてあるものは買わない」と決め、人にもそのようにするように勧めてください。
米ヌカ入りとは天然エキス配合とかの論法を使って宣伝している商品は そのメーカーの知的レベルを疑ってかかるべきです。
薬効成分を宣伝するとよく売れる、という現実がこういう商品の背景にあるのですが、法的にも、これらは違法な商品です。

 

ヘアケアの第一歩は洗髪です。 頭皮によいのは石けんですが、髪の痛みをできるだけさけたい、
というのなら固形の化粧石けんではなく、液状の石けんシャンプーを選んでください。
石けんシャンプーなら洗髪もしやすいし、化粧石けんよりずっと髪を傷めない という検査報告があります。
特に女性の長い髪は、毛先の方は古い毛なので枝毛や裂け毛が多く、とても傷んでいるので、固形石けんはやめるげきです。
髪の長い人ほど、そして整髪料などで髪が傷んでいるいる人ほど、液体石けん、つまり石けんシャンプーで洗髪すべきです。