合成界面活性剤が頭皮を破壊しているという事実

ヘアケア商品が頭皮を破壊しているかもしれません

MENU

頭皮をこわす

数十年前の美容業界では、利用客の額にラノリンを塗ってパーマを液がたれてくるのを防いでいました。
ラノリンというのは、羊の脂からできた刺激性の強い薬品ですが、
もともと羊は、羊毛に寄生する虫を撃退するための自衛策としてこの刺激物を体内に保有しています。
ところが、そのラノリンでかぶれるという問題が生じてしまったのです。

 

そもそもかぶれるというのはどういうことだったのでしょうか。
毒性物質が角下層を破壊・突破して、皮内に入ったときに起こる一種のアレルギーや刺激反応です。
バリアゾーンが丈夫であれば、かぶれることはないはずです。
ですが、合成界面活性剤の化粧品や洗髪料が普及すると、日本人は一斉にそれに飛びつき、消費に強力しました。
その使い過ぎによる結果が、バリアゾーンの破壊です。
皮膚そのものが弱くなっているのですから、ラノリンでかぶれるのは当たり前のことなのです。
そうしているうちに、消費者団体が、化粧品などによるかぶれの急増を厚生省と化粧品業界に訴えるようになります。
その際、厚生省も国民を納得させるためにいろいろ知恵を絞りました。
バリアゾーンを壊した根本的な原因を抜きにして、かぶれを起こす刺激物のみをピックアップするというアイディアを思いつきました。
「みなさん、化粧品の中にかぶれを起こす成分が含まれています。
トラブルが起きないように注意して使ってください」 このようにいったかどうかは定かではありませんが、
こうしてできたシステムが、 前述した表示指定成分なのでしょう。

 

アレルギーを起こす可能性のあるものにかぎりメーカーに成分名の表示を義務づけるとは、
裏を返せば、アレルギー以外の人体にとって有害な毒性物質については表示しなくてもよいということになります。
10~20年かけてジワジワと皮膚の組織を破壊していく慢性毒のほうが はるかにおそろしいのに、単純かつ部分的なかぶれという急性毒にのみ目をそらせて 逃げているように思えてしまいます。
それだけではありません、すべての化粧品には、赤み、かゆみ、湿疹等の異常が出たら、使用を中止して皮膚科医に相談してください。
と記載されています。
この表記では、 この化粧品はあなたに合わないから、別の化粧品を使ってください。といわんばかりです。

 

頭皮が赤くなった場合に、別の化粧品を勧める例が多いことは、あなたもお気づきのことでしょう。
ですが、別の化粧品をやめなければならないのです。
最低でも一週間~数週間の中止が必要でしょう。また、かぶれやすい人は、将来的に、取り返しのつかない慢性毒を受けやすい体質なのですから、頭皮のバリアゾーンを弱めるようなヘアケア商品は絶対使ってはいけません。
こうした基本を理解していないと私たちが泣きをみるだけです。
化粧品などに対する不信感をかぶれに転化して、国民はおろかプロの美容師や理容師たちをも
欺こうとする厚生省と化粧品業界の責任逃れの姿勢を、私たちはしっかり監視していく必要があります。