フィナステリドは男性ホルモンの働きを適切な形にするので、遺伝的な脱毛の解消にも繋がります。

育毛治療薬フィナステリドの効果とは

MENU

フィナステリド

フィナステリドはFDAと言う米国食品医療薬品局で認可を受けた育毛治療薬です。
このフィナステリドは前立腺肥大の治療薬として開発された薬でした。
しかし、薬を服用した際に髪の毛が生えるとの声が上がり検証した結果、育毛効果が認められたのです。
ちなみに、日本の厚生労働省で育毛剤の許可を得ているのはフィナステリドのみです。
それだけ高い効果が期待できる薬だと言えるでしょう。

 

フィナステリドの主な働きは、薄毛を引き起こす原因のDHTの生成を阻害することです。
薄毛を根本から解消するので育毛に高い効果が表れるのです。
脱毛などの原因はストレスや生活習慣病とされていますが、根本的な問題としては男性ホルモンのバランスが崩れていることにあります。
そんな崩れた男性ホルモンのバランスを整えるのが、フィナステリドです。

 

一般的な育毛剤は脱毛などの症状を元に戻すのが役割ですが、フィナステリドが含まれている場合は、遺伝的な脱毛の解消にも繋がります。
男性ホルモンの働きを適切な形にするので、遺伝的な脱毛にも効果が出るのです。

 

ドラッグストアでは販売されていないため、専門の医療クリニックを受診するのが入手の最短ルートになります。
個人輸入での購入も可能ですが、粗悪品を掴まされる危険性がありますのでおすすめは出来ません。
ただし、医療クリニックで処方箋を出してもらうよりも安価で購入出来るメリットがあります。
個人輸入で手に入れる際は、信頼出来る相手と取引きを行わなければなりません。

 

育毛治療薬の中でもかなり効果の高いフィナステリドですが、女性が使用するのは厳禁です。
触れることさえ禁止されるぐらい危険なので、絶対に利用してはいけません。
妻が妊娠中であれば、フィナステリドの管理には細心の注意を払ってください。

 

副作用には精力減退などが噂をされていますが、科学的な根拠は無いとされています。
また、フィナステリドが体に合わず、吐き気を催すこともあるので体調不良が起きたら服用は止めましょう。
髪の毛が生えて欲しい気持ちは分かりますが、体調を崩してしまっては意味がありません。
自身の体調を冷静に分析するようにしてください。