キャピキシルは、抜け毛の原因を排除した上で毛母細胞を元気にさせ、脱毛を止める作用があります。

発毛促進の注目成分キャピキシル

MENU

キャピキシル

発毛を促進させる成分で有名なのはミノキシジルプロペシアですが、近年はキャピキシルが脚光を浴びています。
これはカナダの化粧品会社が開発した発毛成分で、天然成分を科学的に検証して合成されたものです。

 

キャピキシルの主な成分は、「アカツメクサ花エキス」「アセチルテトラペプチド3」です。
この2つの成分が組み合わさったものがキャピキシルなのです。
アカツメクサ花エキスは主に薬用ハーブで活用されているものです。
この花のエキスにはビオカニンAと言う成分が含まれていて、脱毛男性ホルモンDHTを生成する酵素の働きを阻害する効果が確認されています。
アセチルテトラペプチド3には、強い細胞修復作用がある4つのアミノ酸で構成されています。
こうした効果の複合により、痛んだ細胞を修復して毛母細胞を復元します。
結果、キャピキシルは脱毛効果を抑制し、傷んだ髪の毛を修復してくれるのです。

 

このキャピキシルはミノキシジルよりも3倍も高い発毛効果があると言う研究も発表されています。
そもそも、ミノキシジルは血管拡張と毛母細胞の活性化による発毛です。
つまり弱っている髪の毛に鞭を打って元気にさせる、言わばスパルタ手法なのです。
逆にキャピキシルは抜け毛の原因を排除した上で毛母細胞を元気にさせます。
脱毛を止める作用があるため、結果的にキャピキシルの効果が高まる結果になっているのでしょう。
個人差があるため一概には言えませんが、試してみる価値は高いです。

 

ですが、キャピキシルがすべての点で勝っている訳ではありません。
血流が悪ければそもそも髪の毛へ栄養が行かないため、キャピキシルの効果は最大限発揮されないでしょう。
その人の状態によって良い方を使い分ける柔軟さが大切です。

 

そして気になる副作用ですが、天然成分をベースに作られたキャピキシルには目立った悪影響が無いのです。
重い副作用が無いのは非常に大きなメリットだと言えます。
高血圧の人も女性も使用出来るので、キャピキシルの活躍の場は広がりを見せるでしょう。
まだまだ知名度が低いキャピキシルですが、近い将来に育毛治療薬のスターになるかもしれません。